• HOME
  • CoDiC連携対応の電子カルテへ テンプレート活用で診療の質向上
CoDiC連携対応の電子カルテへ  テンプレート活用で診療の質向上

医療法人社団ほたるの博優会 ほたるのセントラル内科 院長 内田 大学先生

内科(糖尿病・甲状腺・内分泌代謝疾患・肥満症)

― DMエキスパートを導入した経緯や期待されたことはどのようなことがありましたか?


当院では他施設共同研究での活動にあたりCoDiC(※1)という糖尿病データ管理ソフトウェアを使用しています。当初は他社の電子カルテを使用していましたが、電子カルテからCoDiCへのデータ転記の業務に負担を感じており、自動で連携が可能な電子カルテを探していました。その過程でDMエキスパートを知り、導入してみようと思ったことがきっかけです。糖尿病診療に特化した電子カルテということで、従来の一般医科向けの電子カルテから切り替えることで、専門性の高い診療をサポートしてくれることを期待していました。

― DMエキスパートの機能や運用方法をお聞かせください


主にMultiple Medical Information eXpresser(以下、MMIX)と呼ばれる複合医療情報参照チャートを活用しています。診察室では2画面のモニタを使用しており、1画面を診療内容書込み用の患者カルテ画面、もう1画面はMMIX画面確認用としています。これによって長期にわたる患者さんの診療経過をひとつのモニタで網羅的に表示することが可能です。全体の診療状況を見ながらその日のカルテを記載するというシステムは非常に有用であると思います。検査や処方、治療などの経過を1画面で確認できるため、患者さんの定期的な検査オーダーを把握しやすく、検査を漏れなく実施することができます。

― 糖尿病診療に有用な機能があればお聞かせください


電子カルテの中から計算に必要な情報を抽出し、推定塩分摂取量、インスリン分泌能の指標、FIB-4 indexなども自動で計算してくれますので、患者さんへの指導にとても役立っています。テンプレート作成機能も有用です。問診においては患者さんの回答内容に応じた質問事項が自動的に表示されるため、どの職種のスタッフが実施しても漏れがなく均質な情報を得ることができます。当院では看護師がこの機能を使用して診療前に問診を行っています。それ以外にも、栄養指導や文書、レポートなど様々なテンプレートがあり、活用しています。

― DMエキスパートの導入でどのような効果がありましたでしょうか


CoDiCとの連携に関する手間が激減しました。当初使用していた電子カルテではCoDiCとのデータ連携がなく、必要なデータを手入力する必要があり、計算が必要な項目も電卓を使用して手動で計算していました。DMエキスパート導入後は電子カルテ内の情報をもとに自動的にデータ連携や、演算値の計算をしてくれますので手間がかからないだけでなく、ヒューマンエラーなどの間違いのリスクが低減でき、診療の質が向上したと思います。
また、テンプレートの活用によって情報を効率的に正しく共有することができるようになり、問診時のコメントや栄養指導の内容が診察時に確認しやすくなった点は、チーム医療という観点からも役立っていると感じています。さらにCoDiCより得られた統計データをグラフ化し、院内へ掲示することで、患者さんへの啓発活動にも使用しています。

― 今後の課題、期待される点についてお聞かせください


処理スピードがもう少し改善されたらと感じていますが、バージョンアップするたびに機能は良くなっていますし、常に進歩がみられます。こちらからの細かい要望にも迅速にお応えいただいています。現状のような対応の細かさ・早さを今後も維持して頂ければと思います。またこのような電子カルテが多くの施設で使用されることにより少ない業務負担でCoDiCを使用することができ、今後本邦における糖尿病領域での臨床研究を活発化させる一助となり、多くの知見が創出されることを期待しています。

※1 CoDiC:一般社団法人糖尿病データマネジメント研究会(JDDM)の糖尿病データ管理ソフトウェア。(Computerized Diabetes Care)